PSO15周年記念アンソロジー告知用ブログ

執筆参加者募集中です!
2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ご寄稿方法】
●psdでご寄稿
 例:doc→pdf→psdに変換
●pdfでご寄稿
 例:doc→pdfに変換



syosetu01.jpg

【小説原稿の作成(word使用)】
●用紙サイズ
 幅158mm、長さ220mm
●余白
 上・下・内側・外側に20mmずつ
●段数
 2
●文字方向
 縦書き
●フォントサイズ
 8~10pt(9ptがベスト)
●文字数・字送り/行数・行送り
 上記指定内であればご自由に。


【原稿作成時に必須なもの】
●タイトルとペンネーム
 1行目にタイトルとペンネーム
 2行目は空白
 3行目から、小説本文を開始して下さい。


【フォントについて】
●商用OKのフォントの使用をお願いします。(フリーフォント等)
●文字が小さいと読みにくい為、8pt以上でお願いします。(できれば9pt)
●読みやすくする為、行送りの感覚は広めに取るとベストです。どのぐらいの間隔を取るかは、執筆者様の判断にお任せします。


【頁数について】
●制限頁数は、2~6頁までです。
●極力2頁単位でのご寄稿をお願いします。
●右頁開始、左頁終わりとなるよう願いします。



【pdfでご寄稿する際の注意】
●pdfファイルは、頁を分割した状態でご寄稿をお願いします。
●1頁目:1.pdf、2頁目:2.pdf…というようにデーター名を付けて下さい。
●可能であれば、解像度600dpiで作成をお願いします。
(解像度の意味がわからなかったら、そのままご寄稿下さい)


【psdでご寄稿する際の注意】
●原稿データーは、グレースケール、600dpiでお願いします。
●1頁目:1.psd、2頁目:2.psd…というようにデーター名を付けて下さい。



【docで原稿募集をしていない理由】
ソフトやverによって、テキストの定型が崩れる恐れがある為、執筆者さんの環境下でpdfまでの変換をお願いしております。


スポンサーサイト
manga.jpg

【原稿サイズ】


[デジタル]

A5に天地左右に各5mmずつ塗り足しをつけて
(158×220mm)

原稿を作成してください。(上図参照)

 グレースケール…… 600dpi
 2値化……………… 600dpi、1200dpi

●モードは「グレースケール」、もしくは「2値」でお願いします。
 (RGBで寄稿される方が多いので、要注意)

●拡張子は「psd」でお願いします。
 ※編集作業が入る為、EPSやTIFFにする必要はありません。
 ※原稿データーは全てのレイヤーを統合したものを納品してください。
 ※jpg、bmp、png、gif、他印刷に不向きなファイル形式での納品はご遠慮ください。

●テンプレート
 psd→ lzh zip
 コミスタ用→ lzh zip

スズトウシャドウ印刷様の原稿テンプレートはこちら。


[アナログ]
【市販の同人誌用を使ってください。



【執筆時の注意点】

漫画のコマ枠は、なるべく内枠(120×180mm)を基準にコマを切るようお願いします。
アンソロ本は本の背幅が厚い為、薄い本より頁の内側が読みづらくなります。
読者にストレスを感じさせない為にも、内枠を基準にしたコマ枠取りをお願いします。

●トンボは不要です。
トンボがあると編集時に邪魔になるので、トンボ線や仕上がり線を入れないようお願いします。

saiで原稿を描く方は、別ソフトを使って「グレースケール、600dpi」に変換してご寄稿下さい。
saiは漫画を描くのに向かないソフトなので、極力sai以外のソフトの使用を推奨します。
どうしてもsaiでなければという方は、psd(600dpi、グレスケ)に変換する為のソフトのご用意をお願いします。



原稿作成ついての詳細は、スズトウシャドウ印刷様の原稿作成のページをご参照下さい。
(アンソロ本は、スズさんで印刷する予定です)
 ■デジタル原稿
 ■アナログ原稿



執筆上の注意を必ず読んだ上で、執筆作業に入るようお願いします。

nodo.jpg

原稿を描く時は、上画像のピンクの範囲内に絵や文字が収まるようお願いします。

※網目部分は、印刷が途切れる危険の高い部分なので、ここにキャラや文字、枠線がかからないようお願いします。


また、ノドの部分にはできるだけ何も描かないで下さい。

薄い本なら、さほど気にしなくても良いのですが、
厚い本の場合、しっかり本を開かないとノドの部分が読みづらくなる為、ノド部はできるだけ余裕を持たせて描くようお願いします。

実際にやってみるとわかるのですが、薄い本より厚い本の方がページをめくりにくいです。
しかも、しっかりと開くと跡がつくので困ります。
ですので、読む人に配慮した原稿作りを意識して頂けると、助かります。

ノドに近い範囲でキャラの顔を描く時も、顔がノドに向いてない方が望ましいです



また、ノドを意識して、「右頁開始」「左頁開始」のどちらで漫画を描くか決めておくと良いです。
1頁漫画の場合も同様で、「右頁」「左頁」どちらに配置するか決めておくと良いです。

そして、原稿をお渡しいただく際、どの頁を「右頁」「左頁」のどちらに配置希望か書いていただけると、編集時にとても助かります。

左右どちらに配置してもOKな場合は、断ち切りになるコマは、ノドのことは関係なしに、画面いっぱい(塗り足しまでいっぱい)に描いてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。